ウェブモマガジン
ウェブモトップ 会員登録 お問合せ

ウェブモマガジン(購入者) > 人物写真をデザインに入れるメリット

2016.07.07 購入者向けコラム

人物写真をデザインに入れるメリット

column10_mv

使用素材No.I73E-SSSH-HHST

有料無料問わず、ウェブサイトや紙媒体などデザインが必要となるものに人物写真をレイアウトするということが無くなることはありません。特にウェブサイトでは人物写真の使用率が増加している傾向にあるともいえます。
手頃な価格で写真を購入できたり、写真を無料で写真を入手することができるサイトが増えたことが理由であるといえます。

人物写真はデザインに親しみやすさや誠実さをもたらすといわれています。
また本能的にユーザーは人の顔に注目するといわれていることもあり、目を引きたいポイントとなる箇所に人物写真を配置することで、より効果的なアイキャッチをもたらすことができます。
商用デザインなどであれば、人物に横に印象的なコピーを記載、商品のメリットを紹介など様々な応用に活かせるでしょう。
ウェブサイトなどはサムネイルサイズの画像であっても人物写真が配置されていれば、訪問したユーザーの滞在時間は長くなると言われており、バナーを押す率もアップするといわれています。
このようなことからも人物写真を効果的にデザインに組み込むことはとても重要なのです。

但し注目を集めるために記事中にむやみに人物写真を何枚も配置すると、逆にポイントがぶれてしまいユーザーの意識も薄まってしまうため、きっちりと使い所を見極めることが大切です。

人物写真を入れた場合の差 よく文字だけのバナーや折込チラシ、ポスティングなどを見かけることがありますが、右のように人物写真を入れた方が視覚的にユーザーの共感を得ることが可能です。また胡散臭さがグッと減るというメリットも。

人物写真を使用する際に注意したい点

ランディングページなどの場合、興味の持続という意味で人物写真を効果的に配置すると、ページのスクロールにつながりますが、無意味に数多くの写真を配置しすぎてしまうと、ページの内容が薄まるだけでなく、無駄に縦幅が長くなり、なかなか結論に到達することができず、途中でユーザーが離脱するというケースも良くあります。

無料のフリー素材を使用した際に良くあるケースとして、無料であるがゆえに様々なサイトや広告に同じ写真が使われすぎて、「どこかで見たことがある」という現象が起きてしまい、いろいろなサイトを見ている人からすると「このサイトはお金がかかっていない」と思わせサイトの価値を損なってしまう要因にもなります。
また無料の写真素材は怪しいサイトや広告にもよく使用されているため、そういったサイトを見たことがある人からすれば、同じような胡散臭いサイトと思われかねません。 もちろんウェブモの人物写真はアダルト系や出合い系といった有害なサイトへの使用を禁じていますので、安心してお使いいただけます。

人物写真はポイントを見極めた上での使用を

人物写真はウェブサイトだけでなく紙媒体を華やかに、親しみやすいデザインを制作する上でとても重要ですが、デザインコンセプトを考えずに使用すると、見る人に対して逆効果を与え、そのデザインそのもののクオリティを低下させてしまう場合もありますので、人物写真はデザインに適した場面でバランスをみて使用しましょう。

どうしてもたくさんの写真を使用したい場合は、同一人物の様々なポーズの写真を組み合わせることによって、逆にデザインに一貫したストーリー性をもたせ、親しみやすさだけでなくブランディングを高める効果を生み出す場合もあります。

  • facebook 0
  • 0
  • Pocket 0
  • twitter

この記事もよく読まれています。

関連記事

CATEGORY

カメラマン・モデル向けマガジン


ウェブモマガジンカメラマン ウェブモマガジンカメラマン

カメラマンとして作品を登録したい、これからカメラマンとして頑張りたい方へ、素材写真撮影のコツや注意点、報酬についてなど知っておきたい情報が満載!カメラマン募集も随時行っております。

ウェブモマガジンモデル ウェブモマガジンモデル

モデルに興味がある、モデルを体験してみたい、現在フリーで活動中といった方のエントリーをお待ちしております。年齢・性別は問いません。

提携先企業・学校募集中


提携先企業・学校募集中

写真撮影場所や衣装提供など、私たちウェブモの撮影にご協力いただける企業や学校を募集しています。興味がある、詳細を知りたいといった方はお気軽にお問合せください。

ABOUT US

私たちウェブモが販売しているストックフォトをご利用の際に役立つ情報やテクニック、お得なキャンペーン情報、特集や企画、提携先企業の新着情報などをどんどん発信していきます。ぜひともご活用ください。