ウェブモマガジン
ウェブモトップ 会員登録 お問合せ

ウェブモマガジン(購入者) > ストックフォトの利点

2016.07.07 購入者向けコラム

ストックフォトの利点

column9_mv

使用素材No.I1U8-KU5H-E5HH

ストックフォトやフリー素材と言われる写真のニーズが高い大きな理由のひとつに、デザイナーの制作時間の短縮や予算の削減といった理由があります。
カメラマンやモデルと契約しての撮影は莫大な費用がかかる上、仕上がりまでに一定の時間を要します。
大きな制作費があるならまだしも、そこまで予算を割くことができない案件や、短納期のデザインワークがほとんどではないでしょうか?
このようにイメージに沿ったデザインワークやクリエイティブな作業に必要な写真素材を、低予算かつ効率的に使用できるということがストックフォトのメリットなのです。

ストックフォトの種類

ストックフォトには大きく分けてロイヤリティフリーとライツマネージドの2つがあります。

●ロイヤリティフリーとは

ロイヤリティフリーとは一回購入すると基本的に追加料金を払うことなく購入画像を複数媒体に渡り何度でも使用することができ、使用毎のライセンス料も発生しません。ウェブモで販売している写真素材は全てロイヤリティフリーとなります。 但しロイヤリティフリーは著作権フリーとは違い、例え画像を購入されたとしてもその著作権は撮影者にあり、その画像の使用許可を購入しているというイメージになります。

●ライツマネージドとは

ライツマネージドとはロイヤリティフリーのように画像サイズによって決められた金額ではなく、使用媒体や使用期間、また条件などによって金額が様々で高額なものが多いです。但し、一定の期間、他社が同じ画像の使用を制限し、独占使用することができるというのも特徴です。

ではフリー素材とは?

ストックフォトが有料であるのに対し、フリー素材は一般的には無料で配布されています。
基本的な利用方法はロイヤリティフリーと同じですが、フリーだからといってなんでも自由に使えるのかというとそうではなく、写真によっては著作権を有する場合もあります。
また配布しているサイトによってクレジット記載やリンクの設置、商用利用には申請が必要など、利用規約も違いますのでよく確認してから使用しなければトラブルのもとになる可能性もありますので注意が必要です。

有料写真素材サイトのカンプデータについて

カンプデータという言葉を聞いたことはありますか?
これはほとんどの有料写真素材サイトで、プレゼンやラフデザイン作成などのために使用する画像の購入を検討し、ダミーの画像としてデザインに掲載できるように配布されている画像です。
実際に流通する媒体や、公開されるwebサイトに使用する場合は、正式に画像を購入しなければなりません。
実際に購入する画像よりもサイズが小さかったり、画質を下げられている場合が多いです。

カンプデータは、実際の販売画像よりも画質が荒かったりサイズが小さい、またウォーターマーク(写真にかかったロゴなどの透かし画像)が設置されており、本データとして使用できないように加工されていますが、
稀に小さい画像なら大丈夫だろうと、photoshopで加工したり、ウォーターマークのかかっていない部分を利用するなどの画像の無断使用がみられますが、こういった行為は犯罪となり、たった数千円の予算をケチったがために、数百万〜数千万円単位の損害賠償を請求される場合もありますので気をつけてください。

あのとき予算をケチらずちゃんと写真を買っておけばこんな羽目にはならなかったのに・・・

使用素材No.IE4X-PWQJ-PGWC

  • facebook 0
  • 0
  • Pocket 0
  • twitter

この記事もよく読まれています。

関連記事

CATEGORY

カメラマン・モデル向けマガジン


ウェブモマガジンカメラマン ウェブモマガジンカメラマン

カメラマンとして作品を登録したい、これからカメラマンとして頑張りたい方へ、素材写真撮影のコツや注意点、報酬についてなど知っておきたい情報が満載!カメラマン募集も随時行っております。

ウェブモマガジンモデル ウェブモマガジンモデル

モデルに興味がある、モデルを体験してみたい、現在フリーで活動中といった方のエントリーをお待ちしております。年齢・性別は問いません。

提携先企業・学校募集中


提携先企業・学校募集中

写真撮影場所や衣装提供など、私たちウェブモの撮影にご協力いただける企業や学校を募集しています。興味がある、詳細を知りたいといった方はお気軽にお問合せください。

ABOUT US

私たちウェブモが販売しているストックフォトをご利用の際に役立つ情報やテクニック、お得なキャンペーン情報、特集や企画、提携先企業の新着情報などをどんどん発信していきます。ぜひともご活用ください。